FLOWER ESSENCE

                                     

 

Flower Essence

Gemmotherapy

 


Moluccan Cockatoo With a Young Adult
 

 


Jardaでは、さまざまなフラワーエッセンス、ジェモセラピーを使って身体エネルギーを調節する独自のコンサルテーションを行なっています。特に、子供や動物、プレ更年期や更年期の心や身体のバランスを崩しやすい時期のケアに重点を置いています。

 

 

フラワーエッセンス療法

 

フラワーエッセンスは、子供の病気やペットから癌のターミナルケアに至るまで、人生のあらゆる時期と困難に対して素晴らしい助けとなります。フラワーエッセンスは、花のエッセンスを水に転写し、自然の力で活性化したもので、安全で副作用がなく、穏やかに本質的なレベルで心身を癒していきますので、妊婦さんや赤ちゃんにも安心して使用できます。

フラワーエッセンスは、1930年にイギリスのバッチ博士によって確立されました。バッチ博士は、ホメオパスとして長年に渡って活躍してきました。その長い経験の中で、人が病気になる根本の原因は心の不調であると考えます。その不調を癒す方法として確立したのがフワーエッセンスです。

 

フラワーエッセンスの作用
 

花の微細な癒しのエネルギーのみを伝えるフラワーエッセンスは、身体をとりまく身体エネルギーに浸透していきます。この身体エネルギーは、私たちの感情、精神などの内的意識を取り扱うと言われています。

たとえば、何かのストレスや精神的なショックを経験すると、この身体的エネルギーにブロックや傷が形成され、それが癒されないまま一定期間続くと、精神的なトラウマとなって残ったり、身体的な疾患として現れると考えられています。

フラワーエッセンスは、この身体エネルギーに形成されたブロックを取り払い感情の歪みを癒します。このように、フラワーエッセンスは、身体エネルギーという繊細なレベルに作用して、感情、精神、そして、魂という人間の存在の本質の部分に働きかけます。

 

コンサルテーション
 

コンサルテーションの時間は約1時間です。あなたが抱えている心のトラブルを自由にお話していただきます。

 


 

 

ジェモセラピー療法

 

ジェモセラピーは、近年、世界で人気を集めている新しい自然療法です。ジェモセラピーは、ハーブとホメオパシーの中間に位置しています。Gemmoは、ラテン語で新芽という意味です。
ジェモセラピーは、ベルギーの医師による植物の芽に関する研究に始まり、その後、フランスを中心とするドクターホメオパスたちに臨床調査を通して、1970年代になってようやくひとつの療法として確立しました。

ジェモセラピーのレメディは、樹木の蕾や新芽から作られます。原料となる胚芽部分には、樹木の幹細胞が含まれています。ここは動物でいうと胎児に相当し、花や葉、樹皮など、樹木のすべてを作る細胞が存在しています。胚芽には、ジベレリンと呼ばれる成長ホルモンが含まれており、蕾や新芽が成長していくエネルギーが凝縮されています。

ジェモセラピーのレメディは主に身体レベルで作用します。臨床的にさまざまな状況で利用することができ、他のセラピーの優れた補完アプローチや、現代医療との併用も可能です。
ジェモセラピーのレメディには、主にドレナージュ(排出)としての作用とデトックス(解毒)としての作用があります。ドレナージュの働きは、自然の排出器官(肺、肝臓、腎臓、皮膚など)を通して体内に蓄積された代謝老廃物を放出することです。

また、ジェモセラピーのレメディは、豊富な栄養分としてビタミン、植物細胞、植物ホルモン、酵素を含みます。それらの働きにより、さまざまな臓器を癒し、その働きをサポートします。

 

ジェモセラピーの作用
 

免疫システムを強化します。
心身の弱った部分をサポートします。
ホメオパシーのケアで深い作用が起こると考えられる際に、身体を事前に準備させ悪化を防ぎます。
ホメオパシーを使用する際に、身体的な反応が遅すぎる場合に利用します。
急性、慢性症状において、症状に合わせたジェモセラピーのレメディを使用します。

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

 

 

 

 

 

 

あかますともだち